読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここらでじぐいわが辿ってきた軌跡と言う名の奇跡をまとめてみました。

 2016年10月30日、我らが国民の彼氏こと神宮寺くんが19歳の誕生日を迎え、同期である岩橋くんとともに入所6周年を迎えました。

 

ハタチの記念イヤーでもなければ入所5周年でもない、ぶっちゃけ微妙なこのタイミングでなぜじぐいわの歴史を追いたくなったのか…それはもうただ、じぐいわに突き動かされるがままの結果です…(笑)

 

先に言っておきます。以下の記事、かなり長いです。エゲツない長さです。そして個人的な感想やら見解に溢れております。ピックアップしているエピソードも個人的に好きなものを中心に挙げているため、「あのエピソードが入ってないなんて…!泣」と落胆させてしまう可能性もあります。「なんでも受け止めてやるぜ!」という寛大な方以外にはオススメできない内容となっておりますのでご注意ください…

 

 

それでは、じぐいわの歴史を振り返ることとしましょう( ・3-)(´∂υ∂`)♡

 

 

1996年12月17日
岩橋家の長男として誕生(一人の妹を持つお兄ちゃん)

1997年10月30日
神宮寺家の長男として誕生(一人っ子)

 

Q.名前の由来は?

「画数がいいから決めたっておじいちゃんが言ってた!」

「勇ましく真の太い人になるようにって、両親がつけてくれた。神宮寺に合わせて画数を調べたって、昔、お母さんに聞いたよ。」

 

f:id:jgiwkshoney:20161030133832j:image

そしてこのふたりの運命は13年後の10月30日、神宮寺くんのちょうど13歳の誕生日に交わることとなるのだった・・・


2010年10月30日

同日にオーディションを受け、ジャニーズ事務所に入所。2人とも自ら履歴書を応募している。神宮寺くんのもとにオーディションの連絡が届いたのは、履歴書を出してから半年が経った頃の、本人曰く諦めかけたタイミング。そして偶然にもオーディションの開催日は、彼の誕生日であった。その半年間は、もはやじぐいわが巡り会うために神様が仕掛けた期間だったとしか思えない…

 

Q.Jr.になろうと思ったきっかけは?(当時談)

「歌が大好きでたくさん歌ってみたいからです。」(入所当時談)

「人を笑顔にしたかったから。歌で元気をもらっていたから、僕もそういう存在になりたいなって思って、友達と応募したよ。」(2015年談)

木村拓哉さんのようなアイドルになりたかったから。」(入所当時談)

「ドラマや音楽番組で木村拓哉さんを見て、カッコイイな〜って憧れたから。自分で履歴書を書いて、事務所に送ったよ。」(2015年談)


2人が初めて出会ったこのオーディション時のことを、2015年少クラ内にて放送の”あなたにお手紙書きましょう”コーナーにおいて、神宮寺くんは次のように語っている。


「初めて会った日を覚えていますか?僕は今でもはっきり覚えています。2010年10月30日、僕と玄樹のオーディションの日です。その日僕は玄樹の名前も知らなかったのに、一緒の電車で帰ることになりドキドキしたよね。初めて玄樹という名前を聞いて、3回くらい聞き直しちゃってあの時はごめんなさい。」

これに対して岩橋くんは、初めて会った時の記憶はないとバッサリ(笑)しかしながら、入所して間もない頃に人見知りすぎてどうやって神宮寺に話しかけたらいいかわからず一人で泣いたことがある」と語っている。なにその甘酸っぱくて可愛いエピソード……

ちなみに、上記の発言の2年ほど前の雑誌インタビューにおいては以下のようなコメントが残っている。突拍子もないお誘いで神宮寺くんの度肝抜かしてるけど、一生懸命勇気出したのかと思うと泣ける

「オレの方が1つ年上ってこともあって、たまーに話すぐらいだったよね。」

「でも、そのたまーにの発言がインパクトあるんだよ。(省略)なんの前触れもなく、いきなりオレの隣に来て「(音楽プレーヤーを)買いに行こ?」って言われたから「えっ?!」って思ったけど、ちゃんと「いいよ」って言ったもん。」

「いくら人見知りだとはいえ、やっぱ、誰かとしゃべりたかったんだよ。だから、ノリのよさそうな神宮寺に声かけたの!」


・また、2人の入所当時のエピソードについては上記の少クラ放送以前の雑誌において「オーディションが終わったあと、一緒に並んでサンドイッチ食べた記憶がある」(2013)という発言も残されている。同雑誌において、岩橋くんはオーディション後に知り合った同期の顔と名前を一致させておこうと思い出そうと試みるも神宮寺くんだけ一致せずムラサキ色の服を着てたことだけはっきり覚えてたから次に会うまで仮で"ムラサキくん"って覚えてた。」 と話している。サンドイッチまで一緒に食べてるのに顔と名前一致されてない神宮寺くん不憫…(小声)


2011年11月2日(〜2013年9月)
BSスカパーにてジャニーズJr.ランドスタート。

2年近くに渡って放送されたこの番組では、2人の交流がまだ薄く距離感のあった時期からドラマ共演を通して一気に仲良くなるまでの流れを見ることができ、特に後半の放送回においては数々のじぐいわ名シーンが生まれた。チャラ宮寺全盛期、岩橋くんは当時はまだわりとしっかりした普通の男の子である。(当社比)

f:id:jgiwkshoney:20161028215205p:plain

 


2012年1月
Sexy Zoneの出演したミュージックステーションにおいて、シンメ立ち位置でバック参加。シンメでのじぐいわが初めて世に放たれたのはおそらくこの時期前後の模様。

 

2012年4月
・少年収においてシンメでのじぐいわが大々的に披露される。2012年5月放送分

 

2012年5〜6月
・ジャニーズ銀座「Youの前にはMeがいる!」に同括りにて出演。


2012年7月〜9月
・ドラマ「スプラウト」に片桐航役で出演

2012年秋頃〜
・ファンの間で「じぐいわ」呼びが定着し始めたのは恐らくこの頃。
・じぐいわ出演のスカパーCMが放送される。

f:id:jgiwkshoney:20161028215103p:plain



2013年春

・本格的に「じぐいわ」セット推しが始まる。この当時はまだ岩橋くんが「じん⤴︎ぐーじ⤵︎」というイントネーションで神宮寺くんのことを呼んでいる。可愛い。※ジュニラン等参照

 ・プライベートでの交流が一気に増える。二人の仲が一気に深まったきっかけについて、のちにPrinceでの対談において以下のように話している。

 「思い返すとさ、イワゲンとグウジさんが遊ぶようになったのは俺きっかけじゃない?…てことは、じぐいわの仲をとりもったのは俺かもしれないね。」「ただそのあと、ふたりの愛が強くなり過ぎて、必然的に俺は間から抜けることになったけど…」

「ちょうど、そのころ神宮寺と俺がドラマいっしょになったからね。」

「撮影現場でむっちゃ話すようになって、今ではラブラブになっちゃった。」

岸くんには本当に頭が上がりません……

 

2013年4月〜6月
・事務所の先輩である香取慎吾主演ドラマ「幽かな彼女」に生徒役として共演。不登校の相田拓途役という難しい役どころに神宮寺くん、クラスのムードメーカーを務める手嶋健太郎役に岩橋くん。神宮寺くんにとってはスプラウト(2012)に続き2本目、岩橋くんにとっては初の出演作となる。

 

「オレと岩橋ってドラマ撮影が始まるまでは、そんなに交流なかったんだよ。短期間で息を合わせるために、わざと一緒にいる時間を増やしたら、あっという間に仲良くなった」 

f:id:jgiwkshoney:20161028214950p:plain


2013年5月
・クリエにて「欲望のレイン」を披露。のちに2014年のインタビューにおいて、2013年のMyベストジャニーズソングを聞かれた際、じぐいわは2人とも「初めて自分からやりたいって言ってできた欲望のレイン」「岩橋と歌った欲望のレイン」とこの曲を挙げている。

 「”神宮寺とステージで「欲望のレイン」を歌う”っていう夢が、クリエでかなった!つぎの夢は、フルコーラスで歌うこと。「欲望のレイン」を歌うと、コンビ愛が深まる気がする……。」


・また2人は、この時期にペアリングを買ったことも明かしている。

 「なんか、”いま”を形に残したくてさ。あんまり乗り気じゃなかった岩橋に、『名コンビは、みんなペアリングをしてたらしいよ』っていう、”いかにも”な話をしたら、予想どおり食いついてくれた(ニヤリ)」

「神宮寺とおそろいの指輪を買ってしまった(涙)オレは『イヤだ』って言ったんだよ?でも神宮寺が、『スターを目指すために、星のついた指輪を買おう』って言い出すから、つい…。ところが、いざ買いに行ったら星型の在庫がなくて、ハートの指輪になっちゃった。いつか大人になったとき、この指輪見てクリエのこと思いだせたらいいな。」

f:id:jgiwkshoney:20161029001103g:plain


2013年夏〜秋頃(?)

・じぐいわベッドイン事件発生。

Q.国内旅行、思い出の経験は?

「いっしょに泊まったときのドキドキ体験なんだけど、同じ部屋だった岩橋が寝ぼけて"寒いよ〜"って僕のベッドにインしてきたんだ。正直、悪い気がしなくて、そのままいっしょに爆睡したよ(笑)」

 

2013年7月

WU読者投票「コンビ愛No.1」Jr.部門において第1位に。
「この企画を見たときに、オレら絶対1位取ろうぜって
「言ってたよね!(読者からのコメントに)見て、"次世代を代表するコンビ"って…(感動)」
「ジャニーズって、いくつもコンビがあるじゃないですか。例えば風磨くんと健人くんみたいな。そういうふうにオレらもなりたいなと思います!」

 

2013年10月

・岩橋くん、神宮寺くんの16歳の誕生日にクロムハーツの定価4万円のゴムブレスをプレゼントする。このプレゼントは、翌年のサタジャニ記事内でもお気に入りの私物として紹介されている。…16歳の子が16歳の子に4万のブレスをあげるって…(震え声)


2013年10〜12月

・ドラマ「49」に井上智役で出演

2013年12月

・Johnnys' 2020 Worldに出演。

このトニトニ公演中、舞台袖で謎のジェスチャーをし合うじぐいわが目撃され、のちにそれが"I LOVE YOU”のサインだったということが判明する。

ジェシー「おまえら、舞台の左右のソデに分かれてるとき、お互いにジェスチャーしてるの見たんだけど、何あれ」

「あれ" I LOVE YOU "ってサインなんです(笑)。え、ジェシーくんも北斗くんとそういうサイン、送り合ったりしないんですか?」

神宮寺くん…それを問われたジェシーの気持ちを考えてあげて…(笑)

 

・同舞台の新年直前の公演においてパーカー投げ捨て事件発生、これによりじぐいわケンカ疑惑浮上。

ちなみに、同年6月の雑誌インタビューにおいては「ケンカはまだ一回もしたことないよ。っていうのも『オレら、ケンカしないって約束しよう』って話になったの。」と話しているのが微笑ましい。間もなく岩橋くんは怒って神宮寺くんに携帯を投げ付ける(※じぐあむの喧嘩を見かねて岩橋くんが仲裁に入るが、なぜかそこからじぐいわ2人の喧嘩に)というバイレオンスっぷりを発揮するまでになるが、神宮寺くんの岩橋くん溺愛っぷりは年々増しているという事実なのだから神宮寺勇太のキャパシティと包容力は凄まじい…余談ではあるが、彼らは喧嘩の仲直りの仕方までも「流石」としか言えない。

参考:ケンカした時のじぐいわの仲直りの仕方

「神宮寺とケンカしたとき、アイツも素直に謝れないから、俺のほっぺをさわってきたら、仲直りの合図なの。」

 

・同舞台の期間中、帝劇内のびっくりするぐらい狭い小部屋に閉じこもり出てこないじぐいわ。2畳ぐらいの狭い部屋にふたりで閉じこもっていたらしい。
「楽屋の中に小さな小部屋があるんだけど、オレと神宮寺の居場所になってるんだよね。ホント、どれだけ一緒にいるんだ…って感じ(笑)」

あくまで推測ではあるが、2016年JW時に公開された楽屋図を見る限り、じぐいわの居た小部屋は以下の図で示した部屋なのではないだろうか。もはや部屋ではなく物置…そして本当に狭い…そりゃ健人センパイだってアヤしむよ…

f:id:jgiwkshoney:20161030153456j:plain

 

2014年2月

・ガムシャラ J's Party vol.1に出演。Sexy Zone中島健人のソロ曲「Candy〜Can U be my BABY〜」を本人と共に披露。

 

2014年3月
Myojoにて、じぐいわの連載『じぐいわーるど』がスタート。
f:id:jgiwkshoney:20161030154135j:image
記念すべき1回目のテーマは【A=Aceエース】
 
Q.相手のココがエース級!
「神宮寺はいろんな人と仲よくできて、まわりをちゃんと見てる。この前、みんなでワイワイ騒いでたとき、俺ははじっこで誰とも話さずにケータイをいじってたの。そしたら『さっきはなんでひとりだったの?』って声をかけてくれた。”気にかけてくれてるんだ!”ってうれしかったな」
 
2014年4月〜(2016年4月)
・「ガムシャラ!」放送開始。
丸2年に渡って放送されたこの番組において生み出されたじぐいわ名シーンは数え切れない。
 
2014年4月〜5月
・ジャニーズ銀座2014にSexy Boys(岸優太、阿部顕嵐、宮近海斗との5人組)で出演。
神宮寺くんが岩橋くんをお姫様抱っこしてクルクル回る、コンビ曲「ひらひら」で頭をポンポンするなど、ここでもハイハイじぐいわ芸が炸裂。
 
2014年4月〜7月
ドラマ「SHARK 〜2nd season〜」にて二度目の共演を果たす。2人は同バンドのメンバー同士という役柄で、岩橋くんはボーカルの北川旭、神宮寺くんは東礼央役を演じた。礼央が旭のことを好きだという監督の素晴らしい裏(?)設定があったり、意味深なお揃いのバングルを付けて役にのぞんでいたりと、とにかく最高のドラマ。
「俺は旭としかあまり絡まないんですよ。監督から『お前は旭が好きなんだぞ』ってずっと暗示をかけられてたくらい(笑)。」デキる監督ですね…。
f:id:jgiwkshoney:20161030154606j:image
 
2014年5月
Sexy Zoneマリウス葉との3人組ユニット、Sexy Boysが結成される。
当時の雑誌インタビューにおいて、神宮寺くんが残した岩橋くんに対する愛と若干の狂気に満ちた名言はもはや伝説である。
 「いやあ、2人といると癒されるわ。写真撮るときに2人の間にいると、「かわいいな」って。マリウスの可愛さはフランス人形、岩橋はぐちゃぐちゃにしたいかわいさだな(笑)。」
 
2014年春〜(?)
・岩橋くんが神宮寺くんのことを"PUUちゃん"呼びしていた時期。
「PUUちゃんなんて岩橋にしか呼ばれたことないんだけど」
「それでいいの。」
「なになに、他の人が呼ぶのは禁止なの?」
「(無言でコクン)ファンの子もダメ!PUUちゃんは僕が考えたあだ名だから、基本は僕しか言っちゃダメなんだよ!」
「そうですか……。」
 
 また、上記の会話があった同記事内にはこんなやり取りも。"ぐちゃぐちゃにしたい発言"しかり、神宮寺くんから漂う重めの愛情…
「アイコンタクトで何をするか、してほしいかがわかるようになったよね。」
「それはある。全体を見てはいるけど、無意識に岩橋の動きをチエックしているのかも。僕のなかで岩橋はお嬢さまみたいな存在だから、いろいろやってあげなきゃって思ってるよ。ちゃんと気づいてくれてるよね?」
 
2014年7月〜8月
・六本木EXシアターでの《ガムシャラSexy夏祭り!》に出演。岩橋くんはチーム武のチームリーダーを、神宮寺くんはチーム者のチームリーダーを務める。チームは別れてしまったが、過酷な練習や公演前のナーバスな状況でお互いに励まし合うじぐいわの姿は、スカパーで放送されたドキュメンタリー内でも幾度となく確認することができる。
以下の参考画像は、自分のチームが敗退し楽屋裏で悔し涙を浮かべる岩橋くんを、どこからともなくやってきて抱き締めてあげる神宮寺くん。
 f:id:jgiwkshoney:20161030171348j:image
 
2014年8月
・じぐいわファンの呼び名が岸くんによって「じぐいわハニー」と命名される。
Q.じぐいわファンに名前をつけるとしたら、どんな名前がいい?
「えー!」
「急に思いつかないよ!」
「(突然会話に乱入)"じぐいわハニー"はどう?」
「お?!」
「はちみつって甘いじゃん。だから、じぐいわの甘さと、はちみつの甘さのコラボレーションで」
 
・サタジャニの私物紹介にて、神宮寺くんが岩橋くんを紹介する。繰り返すが、"私物紹介にて"岩橋くんを紹介する。ついに岩橋玄樹、神宮寺くんの私物化。
f:id:jgiwkshoney:20161030163034j:image
 
・プライベートで、原宿のジャニーズショップ前をおんぶで横断する。
また同時期、ガムシャラの日程と遭遇情報を合わせると20日間連続で一緒にいることが判明。そりゃジャニーさんだって「ユーたち、いっしょに住んでるの?」って聞くよなぁ。。
 
2014年10月
・岩橋くん、神宮寺くんの17歳のお誕生日に定価8万円相当のリュックをプレゼントする。前年の2倍にランクアップ。
「誕生日プレゼントに、ずっと欲しかったリュックをくれた!2年前から言い続けてて……って、別に催促してたわけじゃないけど(笑)。ちゃんと話しを聞いてくれてたんだなって思った。雨の日は使わないようにしてるよ。だって濡れちゃうでしょ?大切にしてるよ!」
 
2014年12月
・ガムシャラJ's Party vol.6に出演。
京本大我と3人でグラスハープに挑戦。演奏中に目を合わせてはにかみ合うじぐいわは、まるで聖なる夜がくれた天使たちのよう…(本気で言ってる)
f:id:jgiwkshoney:20161030163145j:image
 
各エピソードの時期詳細は不明だが、この時期に発売されたQLAPさんの内容が素晴らしいのでザッと紹介!
・「うまくいかなくて落ち込んでるときに、神宮寺に「玄樹はアイドルが天職だね」って言われて、その言葉ですごい玄樹が出た。」
 
横浜アリーナでJr.コンサートをする夢を見たと話す岩橋くん。「夢の中でも、神宮寺とシンメだった」こんなん言われて、泣くなっていう方がむり……(号泣) 
 
・長野県の渋温泉にプライベートで旅行したと話す。
「《千と千尋の神隠し》のモデルになった長野の温泉に行った。2人で風呂に入ったり、とにかく楽しかった!」
この渋温泉旅行の話は、他の雑誌においても語られている。
「オレらふたり、Jr.の活動もプライベートも毎日のように一緒にいるし、オフがあれば旅行にも行ったりして。なんか、ふたりでいると落ち着くよな?」
「平和すぎてヤバイ。」
「こないだ長野の温泉に行ったときも、いやしの旅みたいな感じだったし。」
「《千と千尋の神隠し》に出てくる銭湯そっくりの宿に行ったけど、あんな平和な時間ないってぐらい平和で。」
「見た目、新婚旅行見たいな?
「いや、もう結婚50年くらいの夫婦」
 
ちなみに下記は2016年夏頃のインタビューにおける回答であるが、相変わらず長年付き合ってるカップルのようにまったりとオフを過ごしているじぐいわ…
「Jr.の活動終わりに、神宮寺とスーパーに行くのが大好き。生ハムを6枚ぐらい買って、レモンを絞って食べるのがお気に入り。それと冷凍食品のペスカトーレを食べながら、好きな動画を2人で見てるよ。その人の旅とかゲーム実況を見てると平和すぎて困っちゃう!」
 
 ・お互いに向けた感謝の手紙
「たまにケンカもしちゃうけど、なんだかんだ大切な存在だよ。だから、これからもオレの隣で踊っていてください。ここまで来たら、シンメでデビューするしかないっしょ!(笑) 玄樹と一緒にデビューしたいっていうのが、オレの切実な願いです。」
「シンメになりたてのころ、ツアー中のホテルで一緒の部屋だったとき、神宮寺がSexy Zoneの『名前のない想い』をリピートでかけたまま別の部屋に遊びに行っちゃったでしょ?オレが寝てるときも、朝までずっと曲が流れてたおかげで、この曲が好きになったよ。だから、この曲を聴くと、"神宮寺、ありがとう"っていう感情が湧いてくる。これからも2人で進んでいくんだけど、本当にありがとうって思ってるよ」
 
2014年12月
 ・クリスマスおうちデート
「クリスマスは、お互い暇だったので、仲がいい神宮寺勇太くんと過ごしました。近所のコンビニでチキンとケーキを買って、ディズニーのクリスマスの物語を集めたDVDを見ました。」
 
2015年1月
・新春JWに出演。楽屋時間のほとんどは羽生田挙武と3人で過ごしていた模様。
「岩橋とほぼ一緒にいます。でも彼は人見知りなので、ボクと話さなかったら、基本誰とも話さない。1つ年上とは思えないですよ。まだ子供なんで、ボクが面倒見ないと(笑)。一人にならないように目を配っていました。」
 
羽生田氏の有り難い証言
「空き時間はオレがお父さん役、岩橋がお母さん役、神宮寺が赤ちゃん役で、おままごとみたいな遊びをやってる。神宮寺が「ママ、おっぱい」ってフザけると岩橋がイヤがって、俺が「ほらママ、勇ちゃんが欲しがってるよ〜」って。大体は神宮寺きっかけで始まるんだけど、1日一回はやってる(笑)。」
全てにおいてツッコミどころ満載だけど、この変態チックなおままごとの大体は神宮寺くんきっかけ、尚且つ1日に一回はやってるという事実については心の中でフォント大にしてる。
 
2015年2月

・Myojoの読者アンケート、『いちばんいいコンビ』部門で第1位に輝く。

「やさしいところが好き」

「いないと違和感…そんな存在になってくれたとこが好き」

 
・ガムシャラJ's Party vol.8に出演。
ストラックアウトに一人で挑戦することとなり、孤独に練習に励む岩橋くんを誰よりもそばで勇気付ける神宮寺くんの姿が番組内で放送される。
 
2015年3月
・少クラ内のコーナー《あなたにお手紙書きましょう》にて手紙を読み合う。プロボーズかと聞き間違うレベルのクソ甘くてクソ重いふたりのこの手紙は、今尚じぐいわハニー界において伝説として語り継がれている。

 

2015年4月〜6月

・ジャニーズ銀座2015に岸優太、平野紫耀、永瀬廉、髙橋海人との6人で出演。寸止めチュー、コアラ抱っこなどなどの飛ばしっぷり。流石です。

 

2015年6月〜8月

・同年クリエの括りでMr.King vs Mr.Princeとしてグループ結成が発表される。テレ朝夏祭りのサポーターを務め、ガムシャラ!サマーステーション公演に出演。去年に引き続き、チーム武・者のチームリーダーと並行して特別公演にも出演。

パフォーマンスバトル最終日、優勝に輝いた岩橋くんのチーム武。決勝戦を目前に敗退してしまった神宮寺くん率いるチーム者の思いを優勝まで一緒に導くかのように、アンコール時にチーム者の衣装である緑色のネクタイを腕に巻きつけて登場する岩橋くん。同じく決勝を前に敗退してしまった仲間・阿部顕嵐、宮近海斗の所属するチーム覇の小道具も身につけていたこと。惜しくも決勝に進めなかったチーム者覇の思いをいっしょに抱えて、岩橋くんと岸くんが優勝のステージに立っていたこともここに記しておきたい。

 

2015年6月

・TV誌における相関図コーナーでのお互いのコメント。

「大事なシンメ。岩橋のことは日日、大切だな〜って感じてる。プライベートもよく遊ぶしね」

「大切な人。神宮寺が隣にいないと困るし、ヘンな感じがする。一心同体に近い感覚」

 

2015年9月

・岩橋くん、一人旅で2度目のLAへ。空港まで神宮寺くんにお見送りをしてもらい、現地でもテレビ電話をし合うという蜜月のカップルも顔負けのエピソードをのちに披露。

Q.最近のまだまだだなぁ〜と思った子供エピソード

「たった1泊だったのに、夜寂しくなっちゃって、ずっと神宮寺とテレビ電話してたってこと(笑)。」

 

また、岩橋くんは同時期の雑誌において以下のようにも語っている。

「(神宮寺は)どんなときも僕の隣にいてくれて、本当に助けられてる。自信をなくしたときも「大丈夫」って励ましてくれて。優しくて、隣にいて安心できる人」

 

・キンプリ結成などによって、じぐいわシンメ解体危機だったこの時期、Myojoの相関図において岩橋くんは神宮寺くんに対して「シンメだったときよりも、今はライバルみたいな関係になった気がする」と語っている一方で、神宮寺くんは岩橋くんを「(玄樹は)となりにいる人。キンプリでは、シンメではないことが多いから、余計に"となりにいる"って感じる。」と話している。神宮寺くんって本当に表現の天才

 

この当時は「シンメだった」と過去形で語っている岩橋くんだからこそ余計に、2016年4月に神宮寺くんに宛てた手紙(下記にて紹介)での発言は胸にくるものがある。

 

2015年10月

・ドラマ「青春探偵ハルヤ」に宮沢翔太役で出演

・岩橋くん、神宮寺くんの18歳のお誕生日にサンローランの定価17万円のブーツをプレゼントする。…じゅ、じゅ、じゅ、じゅうななまんえん、(白目)

当日偶然出回ったじぐいわ遭遇の写真の中で、岩橋くんにプレゼントしてもらったブーツを既に履いている神宮寺くんの愛おしさ。

「イワゲンとグウジさんは(誕生日プレゼントを)個人で取引してるよね。」

「うん。去年は俺が欲しがってたブーツをくれたんだよね。ただ、玄樹がかわいいのは、聞き方がめっちゃヘタクソなの。誕生日が近くなったころ、靴のサイズをダイレクトに聞いてくるからバレバレ(笑)。」

 

2015年12月

・クリスマスイヴは夢の国、クリスマスは横浜赤レンガ付近にて遊んでいるじぐいわが目撃される。 

 

2016年1月

・念願だった2人でのLA旅行が実現!

また、前年9月のLA旅行時にも実は岩橋くんは神宮寺くんを誘っていたが、お誘いがあまりにも急過ぎたため2人での出発は断念していたことがわかる。

f:id:jgiwkshoney:20161030163507j:image

 ・少年収にて岸くんに、じぐいわが携帯のカバーの中にツーショットの写真を入れていることをバラされる。定期的にじぐいわ情報を落としてくれる岸くんって神様ですよね…

 

・雑誌インタビューにて、神宮寺くんから岩橋くんに宛てたコメント。これだけ一緒にいてそれでも尚、たまに放置されると淋しくなっちゃう神宮寺くんが可愛くて重くて愛おしい…

「疲れてるときに、そっと側にいてくれる。何か言葉をかけるわけじゃないけど、寄り添ってくれてるのを感じるよ。ただ、たまにオレを放置するのが少し不満かな。」

 

2016年2月

・Hanakoバレンタイン特集にて、チョコレート以上に甘いじぐいわ記事が掲載される。

f:id:jgiwkshoney:20161030163730j:image

「僕が体調悪いと、神宮寺はすぐに気づいてくれるし、食事のときはネギ嫌いの俺の分をネギ抜きで取り分けてくれるんです」

「神宮寺さんは岩橋さんを(例えるなら)『さくらんぼ』と回答。『よくクリームソーダを頼んでるから。その上に載っているかわいいさくらんぼっぽいかなって。』」…なんかもう甘過ぎて砂糖吐きそう

 

2016年4月〜

・Prince冠番組「真夜中のプリンス」放送開始。現在進行形で毎週土曜の夜に少なくとも1つはハイハイじぐいわ案件を落としてくれる素晴らしい番組である。

 

・雑誌内にて、岩橋くんが神宮寺くんにお手紙を書く。

「いつも僕のことを一番気にかけてくれてありがとう!Princeで活動してる時も3人だけどずっと僕のシンメだよ!」

前年の秋の岩橋くんの発言をふまえてこれを読むと、もはや彼らは絶対的シンメという関係にこだわらない、精神的に結ばれた永遠のシンメなのだということに行き着く…(泣)

 

・HanakoにてPrinceで特集が組まれた際、プライベートでじぐいわが膝枕で耳かきをしているという衝撃の新事実が投下される。まったく動じず淡々とした神宮寺くんの様子に注目。

「玄樹は俺のいいところ、思い出してくれたの?」

「あった。耳掃除をしてくれるところ!」

「気持ちわりっ!岩玄を、膝に乗せて?」

「そうだね。」

「オマエら、俺の知らない間にそんなことしてたのかぁ!」

「ゴメン。」

「いや、謝るの、ちょっと違う(笑)」

ー略ー「神宮寺の耳掃除、うまいよ」

 

・雑誌にて、ついに堂々の彼氏宣言。

「(ドヤ顔で)俺はいわちの彼氏だかは、ほかに気になる人なんてできるわけないじゃん!」

補足として、以前の雑誌インタビューにて岩橋検定2級だと語っていた神宮寺くんも載せておく。いつのまにか岩橋検定第1級を取得していた様子。

記者「お互いの検定があったとしたら、高得点を叩き出しそう(笑)」

「オレは岩橋検定2級かな。」

「2級なんだ。1級はどうやったらなれるの?」

「それはもう、玄樹の彼氏になるしかない!」

 

2016年5月

・ジャニーズ銀座2016にPrinceで出演。最終日の当日券はジャニーズ銀座始まって以来の記録を達成。

この公演にて、じぐいわは2人で「祈り」を披露。のちにQLAPの特集記事にて『常に共に歩んできた2人が見つめ合い、同じ方向を向き、捧げる神聖な“祈り”』と紹介される。

f:id:jgiwkshoney:20161030163911j:image

 

2017年7月

・目隠しをして食べさせられた食べ物を当てるという雑誌の企画において、神宮寺くんはスプーンを舐めてからチョコをのせて岩橋くんに食べさせるという変態っぷりを披露。「最悪(笑)。神宮寺のにおいがした」「それ、オレとチューしてるってバレちゃうね。(ぼそり)」というやり取りに全じぐいわハニーが震撼。

 

2016年夏

 ・雑誌での岩橋くんのコメント。

ここまでくると、もうシンメだとか親友だとかカップルだとか夫婦だとかそんな関係を超越しているように感じる。いつかまた、ドラマで共演してください。いつまでも待ってます。

・「(神宮寺との関係は)シンメ。昔から支え合って生きてきた。Jr.の活動だけじゃなく、プライベートでもシンメ」

・「ずっと僕のことを見守っててほしい。別の仕事も増えるかもしれないけど、助けあっていきたい。2人でドラマに出たことが原点だから、将来また、一緒にドラマに出たいな。」

 

2016年9月

・SPドラマ「ガードセンター24 広域警備指令室」篠宮譲役で出演

 

2016年秋

・雑誌内のPrince対談において、以前神宮寺くんが岩橋くんにバニーガールのコスプレを着てもらおうと試みたことがあると告白。※時期詳細不明

「オレ昔、羽生田(挙武)とバニーガールの服を買って玄樹に着させようと思ったらイヤがられて、自分で着たら大爆笑だった。」

 

 

長らくお付き合い頂き本当にありがとうございました!書き切れない語り切れないぐらいのお話が、まだまだたくさんありますが、記事容量と筆者の集中力が限界を迎えつつあるので今回はこれにて!ラストを飾るのがバニーガールネタ…っていうのもアレなので、、最後はやっぱり伝説のじぐいわお手紙を振り返ってサヨウナラ!じぐいわよ!末長くお幸せに!

 
「今では玄樹という存在は僕の当たり前になりました。普段は照れくさくて言えないけど、いつも僕の隣で笑っていてくれてありがとう。その笑顔をいつまでも忘れずに、これからもいっしょに頑張っていこうね。勇太より」
「これからの道のり、楽しいことや辛いこと、たくさんの壁があると思うけど、ふたりなら絶対に絶対に乗り越えていける。そしてこれからも、世界中の人達に笑顔を届けていこうね。これからもよろしくお願いします。大好きだよ。岩橋玄樹より」